貞明公主の波乱万丈の人生8「苦難」

 

仁穆(インモク)王后が亡くなってから貞明公主(チョンミョンコンジュ)に急に冷たくなった16代王・仁祖(インジョ)。彼は貞明公主が呪詛(じゅそ)をしているという疑いを持ったが、周囲の説得によって貞明公主への処罰を取り止めている。しかし、仁祖の疑心は一向に晴れなかった。




二度目の疑心暗鬼

仁祖が、貞明公主の呪詛を最初に疑ったのは、仁穆王后が亡くなった1632年だった。それから7年後、再び仁祖は貞明公主に疑いの目を向けた。
そのきっかけは、前回同様に仁祖が原因不明の病に苦しんだことだった。体調の悪化とともに再び仁祖は疑心暗鬼となり、寝殿の近くに呪詛物(人骨や小動物の遺骸など)がないかを大々的に調べさせた。
すると、大量の呪詛物が発見された。
「やはり、そうであったか」
自分の勘が当たったことに自信を持ち、仁祖は貞明公主に従っている女官たちを厳しく尋問し始めた。
貞明公主が疑われたことに対して、今回もまた仁祖の功臣たちが反対を唱えた。
彼らは、1623年に仁祖が先王の光海君(クァンヘグン)を王宮から追い出したときの功労者たちである。




仁祖もその功績に感謝していたからこそ、功臣たちの意見に耳を傾けてきたのだが、今回の呪詛事件だけは彼も頑(かたくな)になり、貞明公主への処罰に言及した。
貞明公主を守る最後の砦が崔鳴吉(チェ・ミョンギル)であった。
彼は仁祖が最も信頼を置く高官の1人だった。
崔鳴吉は必死に仁祖を説得した。
「貞明公主は宣祖(ソンジョ)大王の直系の王女です。もし、貞明公主を処罰したら、反正(パンジョン/光海君を王宮から追放したクーデターを指す)の正統性はどうなってしまうのでしょうか。もともと、呪詛事件というものは、曖昧な要素が多く、真実を明らかにするのが難しいのです」
結局は、仁祖も崔鳴吉の言葉に同意せざるをえなかった。
(ページ2に続く)

貞明公主の波乱万丈の人生1「誕生」

貞明公主の波乱万丈の人生2「悲劇」

貞明公主の波乱万丈の人生3「才能」

貞明公主の波乱万丈の人生7「危機」

貞明公主の波乱万丈の人生9「善行」



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る