貞明公主の波乱万丈の人生5「復活」

 

1623年、光海君(クァンヘグン)を追放するクーデターが成功し、幽閉を解かれた仁穆(インモク)王后と貞明公主(チョンミョンコンジュ)。2人の地獄のような監禁生活は10年で終わった。このとき、貞明公主は20歳だった。




仁穆王后が出した条件

クーデターを主導した綾陽君(ヌンヤングン)が、光海君の次の王位に就くことは決定的だった。
彼は、14代王・宣祖(ソンジョ)の孫であり、有力な王族として王位に就く資格が十分にあった。
あとは、王族最長老の仁穆王后の許可が必要だった。
もちろん、仁穆王后としても、息子を殺した憎き光海君を追放してくれた綾陽君の王位に異存はなかった。
しかし、仁穆王后は、綾陽君の即位を認めるための条件を出した。
それは、何なのか。
仁穆王后は、はっきりと言った。
「奴を斬首せよ」
さらに、仁穆王后は鬼のような形相で言った。
「奴は同じ空の下で一緒にいられない仇(かたき)。私が直接首を斬り落としたい」




このように、光海君の斬首を強く主張した仁穆王后。娘の貞明公主も、気持ちはまったく同じだった。
綾陽君としては、仁穆王后の「光海君を斬首せよ」という命令をそのまま実行するわけにはいかなかった。
いくらクーデターで追放した王とはいえ、一度は在位していた先王を斬首すれば、綾陽君が歴史上で悪評を受けるのは間違いなかった。仁穆王后の要求を呑むことは、とうていできなかったのだ。
「私はまだ思いどおりに振る舞うことができない立場です」
綾陽君はそう言い訳したが、仁穆王后の主張は強硬だった。
「奴が勝手に母子の道理を破った。私にはかならず晴らさなければならない怨みがあり、これだけは絶対に譲れない」
このように語る仁穆王后の意思を貞明公主も全面的に支持した。
(ページ2に続く)

貞明公主の波乱万丈の人生1「誕生」

貞明公主の波乱万丈の人生2「悲劇」

貞明公主の波乱万丈の人生3「才能」

貞明公主の波乱万丈の人生4「歓喜」

貞明公主の波乱万丈の人生6「結婚」




ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る