文定(ムンジョン)王后は人生の中でどんな悪事を働いたか(再読版)

 

文定(ムンジョン)王后は、息子を王にするという野望を叶えるために様々な悪事を働いた悪女である。13代王・明宗(ミョンジョン)の母親である彼女は、存命中にいったい何をしたのだろうか。




文定王后の野望

文定王后は、中宗の二番目の王妃である章敬(チャンギョン)王后が息子を産んで6日後に亡くなったことで、三番目の王妃として迎えられた。
1534年に息子の慶源大君(キョンウォンデグン)を産んだ彼女は、自分の息子を王にしたいという野望を持つようになった。
しかし、すでに章敬王后の息子が世子(セジャ/王の後継者)になっていた。それは、朝鮮王朝に「長男が後継ぎになる」という原則があったからだ。
何としてでも息子の慶源大君を王にしたかった文定王后は、世子の存在を疎ましく思うようになった。
世子の命を狙うようになった文定王后。そんな彼女の手先として動いたのが、「朝鮮王朝三大悪女」の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)である。




2人はいろいろな手を使って世子を殺害しようとするが、すべて失敗に終わってしまう。
何とか無事だった世子は、1544年に12代王・仁宗(インジョン)として即位したが、命の危機が完全に去ったわけではない。なぜなら、まだ文定王后が息子を王にすることを諦めていなかったからだ。
1545年、文定王后は仁宗を呼び出した。祭祀を終えた仁宗は、文定王后のもとへ向かおうとする。しかし、このとき彼は体調を崩していた。
臣下たちは王が無理しないように止めたのだが、息子として行かなければならないと思っていた仁宗は、臣下たちの意見を無視した。
文定王后は、王である仁宗に対してずっと冷たい態度を取っていたが、このときは違った。
彼女は、自分の部屋を訪れた仁宗をにこやかな笑顔で迎えた。仁宗は、今まで冷たい態度を取っていた文定王后の機嫌がいいことを喜び、差し出された餅を食べた。
仁宗は即位直後から体調を崩していたが、文定王后のもとを訪れた後に症状が悪化してしまう。




下痢や高熱を発したうえで気を失ってしまった仁宗は、医師たちの治療によってなんとか意識を取り戻したが、絶対に安静にしていなければならなかった。
そのような状況にもかかわらず、文定王后は王の見舞いに行こうとはしなかった。それどころか、外出騒ぎを起こして臣下たちを混乱させた。
(ページ2に続く)

国を私物化した恐怖の文定(ムンジョン)王后!朝鮮王朝王妃側室物語10

明宗(ミョンジョン)は母の文定(ムンジョン)王后の悪政に苦しめられた

文定(ムンジョン)王后の悪政/朝鮮王朝歴史全集7

文定(ムンジョン)王后に毒殺された疑いが強い仁宗(インジョン)の無念!

ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る