朝鮮王朝・国王の名前の付け方について

 

朝鮮王朝には合計で27人の王がいた。その名前を見ていくと、王の名の最後が「祖」「宗」「君」の3つにわかれている。それぞれにどんな意味があるのだろうか。

「君」が付いている理由

私たちがいま王の名として呼んでいるのは諡(おくりな)である。
別の言葉では諱(いみな)とも言う。つまり、王の死後に贈られた名前で、生前にこう呼ばれたことはなかった。
ただ、「君」がついている2人(10代王の燕山君〔ヨンサングン〕と15代王の光海君〔クァンヘグン〕)だけは違っている。
この2人は在位中にクーデターによって追放された王であり、諡をもらえなかった。そこで、王子時代の名前がそのまま残っているのだ。




一方、「祖」と「宗」はりっぱな諡。この違いは何だろうか。
諡のつけ方には原則があって、多大な功績があった王に「祖」、徳があった王に「宗」をつけていた。
たとえば、朝鮮王朝を作った初代の李成桂(イ・ソンゲ)は太祖(テジョ)。これは王朝の創設者によくつけられる諡だ。
その他に「祖」がついているのは、世祖(セジョ)、宣祖(ソンジョ)、仁祖(インジョ)、英祖(ヨンジョ)、正祖(チョンジョ)、純祖(スンジヨ)の6人。その多くは、異民族の侵略から国を守ったり反乱を防いだりしたという功績が認められて、「祖」がついている。(ページ2に続く)

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

英祖(ヨンジョ)の正体!朝鮮王朝を52年間も守った王

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る