イ・ドンウク主演!不治の病の娘を助けるために命を懸けるアクション逃亡劇『天命』

 

『天命』は、娘の命を救うため逃亡者となった男の姿を描いた時代劇。仁宗(インジョン)毒殺の陰謀に巻き込まれ、濡れ衣で逃亡者となった内医院(ネイウォン)の医官チェ・ウォンが、不治の病にかかった娘を助け出すために死闘を繰り広げる物語だ。主人公チェ・ウォン役には、『女の香り』でキム・ソナの相手役を好演したイ・ドンウク。そのウォンを慕い、チャングムに憧れている医女ホン・ダインを『階伯(ケベク)』のソン・ジヒョが演じている。

イケメンスターの豪華な共演が実現

本作は、病に冒された民の治療を天命として受け入れる2人のロマンティックラブストーリーだ。才能を隠した天才医官チェ・ウォン(イ・ドンウク)とチャングムに憧れる医女ホン・ダイン(ソン・ジヒョ)の関係、追っ手と逃亡者の激しいアクション、追跡する相手ウォンの妹ウヨン(カン・ビョル)を愛してしまったイ・ジョンファン(ソン・ジョンホ)の愛のゆくえなど、見どころが盛りだくさんだ。




主演のイ・ドンウクと世子イ・ホ役のイム・スロン(2AM)はともに時代劇初挑戦となる。さらに、ZE:Aのキム・ドンジュンが美少年の刺客役を演じ、イケメンスター勢ぞろいの豪華なキャスティングも大きな話題だ。
また、ドラマOSTにJYJのジュンスが参加。切ないバラード「パボ カスム(愚かな想い)」を歌い、ドラマを盛り上げている。(ページ2に続く)

朝鮮王朝の初代王物語(前編)

韓国時代劇の流行はどう変わってきたか

徹底解説!なぜ韓国時代劇はこんなに面白いのか(前編)



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る