時代設定が面白い!ユチョン主演の『屋根部屋のプリンス』

 

2012年の大ヒット時代劇『屋根部屋のプリンス』。過去の時代から未来へと時を超えるタイムスリップ時代劇である。主演のユチョンとヒロインのハン・ジミンが本当に息の合った演技を披露していた。

注目を浴びた時代劇

パク・ユチョンの威風堂々とした時代劇口調に多彩な表情が話題を呼んだ作品。さらに、表現だけではなく、衣装も注目を浴びた。
王族の冠と現代のジャージをまとった“フュージョン・ファッション”が視聴者の心をつかみ、これまでの主演作を凌駕する最高のハマリ役と大評判になった。




ヒロイン役は、清楚でキュートな演技派女優として人気を誇るハン・ジミン。彼女の持ち前の明るさと演技力で元気なヒロインのパク・ハを演じきった。
2人は劇中での呼称を合わせた“ガクソルタン(角砂糖)・カップル”の愛称で人気沸騰になり、耳目を集めた。
共演したパク・ユチョンとハン・ジミンは、今作で2012年SBS演技大賞ベストカップル賞に輝いた。(ページ2に続く)

韓国のドラマはなぜ時代劇がとても多いのか

韓国時代劇の流行はどう変わってきたか

徹底解説!なぜ韓国時代劇はこんなに面白いのか(前編)



ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る