名優たちの競演!それも『テバク』の大きな見どころだ

 

チャン・グンソクが主演する『テバク』。彼の久しぶりの主演作ということで大きな話題を集めたが、もう一つ見逃せないのは、名優たちが競演してドラマをさらに面白くしていることだ。その名優は、チェ・ミンスとチョン・グァンリョルである。

粛宗(スクチョン)を演じるチェ・ミンス(写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより)

0432

李麟佐(イ・インジャ)に扮するチョン・グァンリョル(写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより)

あまりに有名な『砂時計』

韓国の個性派俳優の中でも際立っているチェ・ミンス。彼は『テバク』の中で19代王・粛宗(スクチョン)を演じるが、今まで多くの俳優が演じてきた粛宗とはかなり違ったイメージをかもしだしている。
それが『テバク』に心地よい緊張感をもたらしている。そんなチェ・ミンスは、どんなキャリアを経ているのか。
1962年生まれの彼は、芸能一家の二世として育ち、恵まれた容姿で自分の道を切り開いてきた。
チェ・ミンスがよく演じた役は、困難にも屈しない強く無骨な男だ。




肩に力をいれ、目を光らせる場面の連続。それが「タフガイ」とも呼ばれるチェ・ミンスの真骨頂だった。
彼がそのイメージを固めたのは、有名なドラマ『砂時計』(1995年)だった。
チェ・ミンスは、「俺、震えているか」というセリフで有名なジョン・テスの役で一気にカリスマ性を発揮した。その後、彼は悲壮感あふれる役を主に演じてきた。
しかし、いつも「重みのある役」ばかりをやってきたのではない。1999年の映画『チュ・ノミョンのベーカリー』では、コミカルな演技も見せて、観客たちを大いに笑わせた。
もともと下地があった。出世作であるドラマ『愛が何であって』(1992年)で彼は主人公のデバリ役で視聴者を楽しませた。
保守的な家の長男と開放的な家で育った女性が夫婦として作り出すコミカルなシチュエーションは爆発的な人気を呼び、中国でも大変な人気を得た。今の韓流ブームの先駆けにもなっていた。彼自身は、いつも精一杯に演じてきただけだというのだが……。(ページ2に続く)

必読!『テバク』の歴史解説

韓国のドラマはなぜ時代劇がとても多いのか

徹底解説!なぜ韓国時代劇はこんなに面白いのか(前編)



ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る