広開土大王(クァンゲトデワン)はどんな英雄だったのか

最高級の称賛

勇敢なだけでなく頭脳も明晰だった。結局、朝鮮半島の歴史上で最大となる広大な領土を確保した。
それでも、無骨な男ではなかった。歴史書『三国史記』には「(広開土大王は393年に)平壌(ピョンヤン)に9つの寺を創建した」と書かれてある。
仏教によほど深い理解を示していたのであろう。戦乱の中でも民衆の安寧を願い、仏教を大いに推奨したのだ。




これほどの英雄でも、寿命だけはどうしようもなかった。413年、38歳の若さで生涯を終えた。
息子の20代王・長寿王(チャンスワン)は414年、父の偉業を記録した碑を建てた。それが、今も中国の吉林省に残る「広開土大王陵碑」である。
そこには1800以上の文字が刻まれているが、広開土大王の功績について「国が富強となり、民は安心して暮らし、五穀が豊かに実った」と評されている。最高級の称賛でも語りつくせないほどの大王であった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

神秘に包まれた朱蒙(チュモン)の人生とは?

歴史に残る善徳(ソンドク)女王の人生とは?

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

仁祖(インジョ)の正体!王になってはいけない男




ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る