史上最悪の夫婦!鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と尹元衡(ユン・ウォニョン)

まるで因果応報

鄭蘭貞の行動力を認めた文定王后は、以後も何かと手先として鄭蘭貞を重宝した。
「王妃から認められている」
そんな意識を持った鄭蘭貞は、図に乗ってしまった。悪政の張本人であった尹元衡と共謀して彼の妻を毒殺し、その後釜にすわった。
最終的に鄭蘭貞は、従一品の品階を授与された。この品階をもつと、「貞敬(チョンギョン)夫人」と尊称される。最下層から最上位まで上がったのだから、鄭蘭貞が有頂天になるのも無理はなかった。




しかし、転落が待っていた。
1565年に文定王后が世を去ると、後ろ楯を失った尹元衡夫婦は、急に肩身が狭くなった。王宮には、傲慢な夫婦を恨む人が多かったのだ。
「殺されるかもしれない」
恐ろしくなった夫婦は、王宮から逃げ出し、田舎でひっそり暮らした。
それでも、「追手がやってきて殺される」という恐怖心が片時も離れなかった。
結局、鄭蘭貞と尹元衡は自害した。
数多くの悪行を繰り返した夫婦は、まるで因果応報のように絶命したのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

記事提供:「朝鮮王朝オッテヨ」http://otteyo.com/

鄭蘭貞について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著〔実業之日本社/900円+税〕)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

鄭蘭貞(チョンナンジョン)の人生は悪に染まっていた

尹元衡(ユン・ウォニョン)の人生はどのように転んでいったのか

文定(ムンジョン)王后は人生の中でどんな悪事を働いたか

〔特集〕文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ悪行

明宗(ミョンジョン)は母の文定(ムンジョン)王后の悪政に苦しめられた




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る