張禧嬪(チャン・ヒビン)に惚れ抜いた粛宗(スクチョン)/朝鮮王朝歴史全集12

人が良すぎる仁顕王后

張禧嬪はどうなったでしょうか。
あのまま王宮の外に出されたままなら、朝鮮王朝の歴史で彼女の出番はなかったのですが、粛宗の正妻だった仁顕(イニョン)王后が張禧嬪を救います。
「あれほど殿下が寵愛する女性を、このまま王宮の外においてはかわいそう。彼女を呼び戻してあげなさい」
そう命令を出したわけです。




仁顕王后は、人がいいにもほどがあります。やがて自分が張禧嬪のせいで王宮を追われることになるというのに……。
とにかく、仁顕王后のはからいで、粛宗は再び張禧嬪と会えるようになりました。
粛宗というのは、本当に周囲の人間に恵まれています。母が命を犠牲にしてくれたり、妻が愛人を呼び戻してくれたり……。これで、彼のわがままな性格が増長していったのも間違いありません。
(ページ3に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)に死罪を命じた粛宗(スクチョン)/朝鮮王朝歴史全集13

不可解な昭顕世子(ソヒョンセジャ)の急死/朝鮮王朝歴史全集11

〔特集〕張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

奇妙な三角関係!粛宗(スクチョン)と張禧嬪(チャン・ヒビン)と仁顕王后

張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の息子を産んで起こった騒動とは?




ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る