李成桂(イ・ソンゲ)が太祖(テジョ)として即位!/朝鮮王朝歴史全集1

危険な火種

特に注目すべき存在は五男の芳遠(バンウォン)で、太祖が敵対勢力を排除して王になる上で最も貢献した息子です。芳遠は当然、「次の王には自分が指名される」と確信していました。
ところが、太祖が指名したのは神徳王后が産んだ八男の芳碩(バンソク)で、まだ10歳でした。最有力候補だった芳遠は25歳ですから、どう考えても騒動になります。王朝が創設早々に崩壊する危険性があるので、王の後継者は慎重に選ばなければいけないところなのですが……。




太祖がこんな決定をした背後には、神徳王后の存在があります。彼女にあまりに懇願されて、太祖も判断を誤ったものと思われます。彼は自ら、危険な火種を作ってしまったわけです。
朝鮮王朝創設の際に、太祖が一番頼った側近が儒教学者の鄭道伝(チョン・ドジョン)です。彼は、制度や組織をまとめる活躍をした第一の功臣でした。
この鄭道伝は芳碩の後見人でもあり、母親である神徳王后から「くれぐれも息子をよろしく」と頼りにされていました。
(ページ3に続く)

王朝の基盤を作った太宗(テジョン)/朝鮮王朝歴史全集2

朝鮮王朝の初代王物語(前編)

神徳王后(シンドクワンフ)の無念!朝鮮王朝王妃側室物語1

イ・バンウォン(李芳遠)は実力で3代王・太宗(テジョン)になった!

鄭道伝(チョン・ドジョン)が太宗(テジョン)に殺された「王子の乱」




ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る