庶民から怨まれた14代王・宣祖(ソンジョ)はどんな人生を歩んだのか

叶わなかった願い

朝鮮王朝には「長男が王の後継者になる」という原則があったため、本来なら臨海君が選ばれるはずだった。しかし、彼は壬辰倭乱の際に豊臣軍の加藤清正の捕虜にされるという屈辱を受けて、解放された後も荒れた生活を送るようになった。
一方の光海君は、豊臣軍との戦いの中で義兵を集めるなど戦功をあげて高い評価を受けていたこともあり、宣祖の後継ぎとして世子に指名された。




しかし、宣祖の最初の正室だった懿仁王后が1600年に世を去り、仁穆(インモク)王后が二番目の正室として迎えられた。その仁穆王后が1606年に宣祖の息子の永昌大君(ヨンチャンデグン)を産んだことで、光海君の立場は危うくなった。
宣祖は、自分が庶子として生まれて苦労したことから、正室から生まれた永昌大君を世子にしたいという思いが強かった。ただ、すでに光海君が世子となっていたために相応の手続きが必要だったが、その願いを叶えることができないまま宣祖は1608年に世を去った。
このとき永昌大君はわずか2歳。さすがに王になれるわけもなく、予定通り光海君が15代王となった。しかし、火種は残り、骨肉の争いが起きてしまったのだが……。

文=康 大地(コウ ダイチ)

光海君(クァンヘグン)の「やむにやまれぬ人生」!

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

仁穆(インモク)王后はどうしても光海君(クァンヘグン)を斬首にしたかった!

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

朝鮮王朝にはこんなにも王位継承をめぐる重大事件が多かった!




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る