王の座を奪った世祖(セジョ)はどんな人生を歩んだのか

悲劇に見舞われた世祖

これまでのことを見ると、世祖に対して悪いイメージしか感じられないが、政治的に彼は有能だった。制度の改革を行なったり、王権を徹底的に強化した。さらには、朝鮮王朝の基本法典の編纂を行なっている。
そんな世祖だが、晩年には次々と悲劇に見舞われた。




彼には息子が2人いた。長男の懿敬(ウィギョン)と二男の睿宗(イェジョン)である。
懿敬(ウィギョン)は長男として世子(セジャ/国王の正式な後継者)に指名されたが、19歳という若さで早世してしまった。
その後、世祖は皮膚病に苦しんだ末に1468年に世を去った。
父の後を継いで8代王として即位したのが二男の睿宗だが、彼も兄と同じ19歳で亡くなってしまう。
2人の息子を10代で亡くした世祖。因果応報と言われても仕方がない。

文=康 大地(コウ ダイチ)

『王女の男』の史実解説!非道な世祖(セジョ)と悲劇の端宗(タンジョン)

世宗(セジョン)の願いをふみにじった世祖(セジョ)の王位強奪!

首陽大君(スヤンデグン)は強い野心で世祖(セジョ)になった!

貞熹(チョンヒ)王后の代理政治!朝鮮王朝王妃側室物語5

王朝の危機に手を結んだ貞熹(チョンヒ)王后と韓明澮(ハン・ミョンフェ)!




ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る