張禧嬪(チャン・ヒビン)の息子の景宗(キョンジョン)は最高の人格者!

母親同士はライバル

「朝鮮王朝実録」が記した景宗の説明がさらに続いている。
「憂いが積もって病を得て、それがつらくなるにつれて国を治めることに専念できず、御前会議でも一貫して沈黙し、政治を臣下たちにまかせた。それでも、お亡くなりになられた日には臣下や民衆の間で嘆き悲しまない人がいないほどであった。誰もが哀悼し、慕い、敬っていたのだ」




このように「朝鮮王朝実録」が記すほど、景宗は人格がとても良かった。
結局、景宗には子供がいなかったので、次の王位は異母弟が継いだ。それが21代王の英祖(ヨンジョ)である。
張禧嬪の息子であった景宗と、淑嬪・崔氏が産んだ英祖……。
母親同士は宿命のライバルであったが、そういう確執を乗り越えて、英祖は異母兄の景宗のおかげで国王になることができたのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

魔性の女として王を惑わした張禧嬪(チャン・ヒビン)!朝鮮王朝王妃側室物語11

張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の息子を産んで起こった騒動とは?

奇妙な三角関係!粛宗(スクチョン)と張禧嬪(チャン・ヒビン)と仁顕王后

張禧嬪(チャン・ヒビン)の正体!謎多き魔性の女

張禧嬪(チャン・ヒビン)の人生!なぜ悪女と呼ばれるようになったのか



ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る