チマ岩の伝説のヒロイン端敬(タンギョン)王后!朝鮮王朝王妃側室物語9

端敬王后について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社発行)

中宗の愛に応えた端敬王后

そのことは次第に噂になり、端敬王后の耳にまで届くようになった。彼女は王宮を追放された自分をいつまでも思ってくれる中宗に深く感動した。そして、中宗が自分の住まいをすぐに見つけられるようにと、裏山の岩の上に宮中でよく着ていた薄紅色のチマ(スカート)を置いた。
そのチマを見るたびに中宗は、引き離された妻への愛情を慰めたのだった。2人のこうした悲恋は「チマ岩の伝説」として今も語り継がれている。この話は『宮廷女官 チャングムの誓い』の中にも出てくる。




また、端敬王后は中宗への愛に応えようと、生涯子供を設けることなく、1人寂しく暮らし、1557年に70歳でこの世を去った。
権力闘争に巻き込まれながらも、最後まで真実の愛を貫いた端敬王后。彼女の生きざまは、21代王・英祖(ヨンジョ)の心を強く打ち、死後200数年が経った後に王妃として復位した。

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后と中宗(チュンジョン)の「別れる理由」とは?

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はなぜ復位できなかったのか

『七日の王妃』主人公の端敬(タンギョン)王后!離縁後の人生は?

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はどんな女性だったのか

『七日の王妃』歴史解説!燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)と端敬(タンギョン)王后の運命

中宗(チュンジョン)が離縁した端敬(タンギョン)王后の悲しき人生!




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る