善徳(ソンドク)女王はどんな女性だったのか(後編)

国力増強の立役者

善徳女王は、即位してからずっと高句麗や百済の攻撃を受けて苦しい国政を強いられていた。
それでも、彼女の大きな功績は644年に金庾信(キム・ユシン)を大将軍に任命したことである。
大将軍といえば今でいう総司令官。この人選を誤ると国の存亡にかかわるのだが、金庾信は戦略性に優れた人物で、重要な職務に就くと、大きな働きをして新羅を強大な国家に導いていった。




結局、新羅は唐と連合して百済と高句麗を滅ぼし、最後には、朝鮮半島を占領しようという野心を持った唐も追い出して676年に統一国家を築いた。
その功労者の金庾信を抜擢したのが善徳女王であり、人事の面でもすばらしい才能を発揮したのである。
その善徳女王は最後まで新羅の行く末を案じながら、統一の29年前の647年に亡くなった。
治世は15年だったが、新羅の国力増強に大きく貢献した人生だった。

韓国時代劇の傑作紹介3『善徳女王』

韓国のドラマはなぜ時代劇がとても多いのか

徹底解説!なぜ韓国時代劇はこんなに面白いのか(前編)

韓国ドラマで女性脚本家が優秀な理由




ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る