王朝の危機に手を結んだ貞熹(チョンヒ)王后と韓明澮(ハン・ミョンフェ)!

我が世の春

貞熹王后の本当の狙いは何だったのか。
それは、王の後見人になることで垂簾聴政(摂政)をすることだった。そのため、より長く垂簾聴政を行なえる12歳の者山君を王にしたかったのだ。
1469年、者山君は9代王・成宗(ソンジョン)として即位した。貞熹王后はその後7年間にわたり垂簾聴政を続けた。




そんな貞熹王后と結託した韓明澮も、王の祖父として権力を手中にした。
成宗はその間、政治に関わることはせず、日夜勉学に励んだ。そこで培った知識が、後の名君の基盤となった。
貞熹王后はまた、王位から外された斉安と月山君が不満を抱いて反乱を起こさないように配慮した。
具体的には、彼らに高い役職を与えて手厚くもてなしたのだ。
こうして貞熹王后と韓明澮の2人は憂いなく「我が世の春」を謳歌した。

貞熹(チョンヒ)王后の代理政治!朝鮮王朝王妃側室物語5

首陽大君(スヤンデグン)は強い野心で世祖(セジョ)になった!

『王女の男』の史実解説!非道な世祖(セジョ)と悲劇の端宗(タンジョン)



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る