イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)はなぜ餓死させられたのか

必死に命乞いをしたのだが……

英祖は意地になって、さらなる厳命を下した。
「たったいま世子を廃したのだが、史官はちゃんと聞いていたのか」
史官といえば正式な記録を残す官僚である。英祖は、自分の言葉を正式な文書に残すことをはっきりと要求した。
イ・ソンはさらに英祖の前で許してもらえるように哀願した。
すると、英祖は驚くべきことを話し始めた。




「映嬪(ヨンビン/英祖の側室でイ・ソンの実母)が余になんと言ったと思う? そなたがいかに世子にふさわしくないかを泣きながら訴えてきたのだ。もはやこれまでだ。そなたが自決しないかぎり、この国は安泰とならない」
それでも必死にイ・ソンは命乞いをした。
「お願いです。命だけは助けてください」
英祖はそれを聞かずに息子を米びつに閉じ込めた。こうしてイ・ソンは餓死させられたのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
記事提供:「朝鮮王朝オッテヨ」http://otteyo.com/

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日

英祖(ヨンジョ)の正体!朝鮮王朝を52年間も守った王

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は本気で都を水原に移そうとした!



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る