イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)はなぜ餓死させられたのか

ついに自決を命じた

英祖の叱責を受けて、イ・ソンはひたすら許しを願った。
しかし、英祖はあっさりと突き放した。
「もう、よい。すぐにここを立ち去れ!」
きつく言われたイ・ソンは仕方なく寝殿の外に出て、むしろを敷いてその上に平伏して待機した。
その後、再びおそるおそる英祖の前に出てきたイ・ソンが見たのは、刀をふりかざして怒りまくっている父の姿だった。
イ・ソンは頭を地面にこすりつけた。




「許してください。もう二度と意にそぐわないことはいたしません」
イ・ソンはひたすら詫びたが、英祖は突き放して言った。
「自決せよ」
「今ここで自決するのだ」
イ・ソンは英祖から自決を命じられた。
それは、実の父親とは思えないような冷酷な言葉だった。(ページ3に続く)

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日

英祖(ヨンジョ)の正体!朝鮮王朝を52年間も守った王

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は本気で都を水原に移そうとした!



ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る