イ・ヨンの父の純祖(スンジョ)!気弱な王に何ができたのか

純祖の心残り

純祖の長男は孝明世子(ヒョミョンセジャ)である。彼は、ドラマ『雲が描いた月明り』の主人公になったイ・ヨンのモデルだ。
純祖は、孝明世子の嫁に豊壌(プンヤン)・趙(チョ)氏の娘を迎えることで、安東・金氏の勢力を抑えようと考えていた。その策は見事にはまり、豊壌・趙氏の勢力が安東・金氏を上回るようになってきた。




それによって安東・金氏の没落は避けられないものとなりかけたが、1830年に孝明世子が21歳という若さで世を去ってしまった。後ろ盾を失った豊壌・趙氏の勢力は衰えてしまい、安東・金氏が復活を果たした。
最愛の息子を失い悲しみに暮れた純祖。そんな失意の中、彼は1834年に44歳で世を去った。
純祖の一番の心残りは、名君と呼ばれた父親の正祖のように、しっかりとした政治を行なえなかったことだろう。

文=康 大地(コウ ダイチ)

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

〔解説〕イ・ヨン(孝明世子)の長男が憲宗(ホンジョン)として即位!

〔解説〕世子嬪(セジャビン)という人生/イ・ヨン(孝明世子)の世子嬪は?

パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子)の「駆け抜けた人生」



ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る