パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子)の「駆け抜けた人生」

『雲が描いた月明り』についても紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社発行)

もし王になっていたら

政治の表舞台に立った孝明世子は、人事面で力を発揮した。母親の純元王后の力で要職を安東・金氏の一族が占めていたが、孝明世子は豊壌・趙氏の一族を重用することで、新しい人材を積極的に登用していった。さらに、戸籍法を整備して刑罰の改善を行なうなど、統治においても見事に力を発揮した。




しかし、1830年の閏4月22日に孝明世子が喀血(かっけつ)したことで、深刻な事態となった。
漢方薬に詳しい官僚も加えた王家の治療チームによって、孝明世子の病状はいったん落ち着いた。しかし、5月5日に再び病状が急変して危篤となり、5月6日に21歳で世を去った。
数多くの才能を持っていた孝明世子。もし彼が王になっていれば、朝鮮王朝は大きな変化を見せていたはずなのだが……。

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

〔解説〕イ・ヨン(孝明世子)の長男が憲宗(ホンジョン)として即位!

〔解説〕世子嬪(セジャビン)という人生/イ・ヨン(孝明世子)の世子嬪は?

イ・ヨンは祖父のイ・サンのような名君になる素質があった!

https://goo.gl/cb7AzU




ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る