光海君(クァンヘグン)の「やむにやまれぬ人生」!

油断の末の廃位

1623年3月12日の明け方だった。
クーデター軍が王宮に侵入した。
このとき、王を守るための護衛兵たちはほとんど反撃しなかった。すでに、内通していたのである。
このあたりが光海君の不覚だった。
彼はあまりに油断しすぎていたのだ。
光海君は逃亡するが、つかまって流罪となった。クーデターを主導した仁祖(インジョ)は、光海君の命までは奪わなかった。




やがて、光海君は都から一番遠い済州島(チェジュド)に流された。
「なぜ、こんなさいはての島まで流されなければならないのか」
大いに嘆いたが、後悔は先に立たなかった。
1641年、光海君は失意の中で絶命した。しかし、王宮を追放されてから18年も生き延びた。
10代王の燕山君(ヨンサングン)は、同じく廃位になって島流しにあったが、わずか2カ月ほどで世を去っている。
同じく王宮から追放された身でも、光海君のほうが非常にしぶとかった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

仁祖(インジョ)の正体!王になってはいけない男

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る