奇皇后は果たして何をしたのか?

逃亡の途中に何が起こったのか

高麗王朝31代の恭愍王(コンミンワン)は、奇轍を厳しく処罰した。奇轍の死を知った奇皇后は、激怒して高麗王朝に配下の軍を送った。しかし、高麗王朝軍に敗れてしまった。
この一件で、奇皇后の立場はすっかり弱くなった。もはや落日であった。
起死回生に打って出た奇皇后は、皇帝のトゴン・テムルに対し、わが子のアユルシリダラに皇位を譲ることを懇願した。しかし、トゴン・テムルは拒んだ。
騒動の中で、クーデターも起きて奇皇后は捕虜になってしまった。
そんなときに状況が一変した。トゴン・テムルの正室だったバヤン・フトゥクが急死したのだ。他に候補がいなかったので、奇皇后がトゴン・テムルの正室になった。




奇皇后はついに悲願を果たした。しかし、肝心の元が滅亡寸前になってしまった。
1368年、あらたに中国で明が建国された。明の大軍は元の首都を占拠。追われるように、元の皇室はモンゴル高原に逃げていき、そこで新たに「北元」を名乗った。
トゴン・テムルは逃亡中に絶命したので、北元の皇帝にはアユルシリダラが就いた。
これは、奇皇后が一番望んだことだ。しかし、この時点で奇皇后の消息は不明だった。彼女も逃亡する途中で行方がわからなくなっていた。
奇皇后の最期は誰にもわからなかった。
果たして、どこで息絶えたのか。
あるいは、意外な場所でひっそりと生き残ったのか。
すべては謎に包まれていた。

文=「韓国時代劇アンニョン」編集部

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

https://goo.gl/szaZWP

〔特集〕奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(前編)

『奇皇后』に登場するワン・ユのモデル「忠恵王」は暴君?

https://goo.gl/aYayLD

『奇皇后』のタファンはトゴン・テムル(順帝)がモデル!

https://goo.gl/S6oFNi




ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る