韓国時代劇の最高のキャラはやっぱり張禧嬪!

別の角度から張禧嬪を描く

張禧嬪がドラマに登場する場合、主人公ではなくとも抜群の存在感を放つ。それが、もっとも顕著に表れたのが、2010年の『トンイ』だ。イ・ソヨン扮する張禧嬪は、ハン・ヒョジュが演じたトンイ(=淑嬪崔氏[スクピンチェシ])と対立していくのだが、その過程が秀逸だった。
トンイのひたむきさは日本でも絶大な支持を得たが、作品人気の裏には張禧嬪の存在があったことは忘れてならない。
一方、悪女として描かれがちな張禧嬪を違う視点で描いた作品がある。それが、2013年に放送された『チャン・オクチョン』だ。ちなみに、チャン・オクチョン(張玉貞)とは張禧嬪の本名であった。




本作で張禧嬪に扮したのは、“韓国でもっとも美しい女優”と呼ばれるキム・テヒ。絶世の美女を演じるのに、これ以上ないキャスティングだ。
本作の張禧嬪はこれまでのように悪女として描かれておらず、むしろ悪女の淑嬪崔氏に翻弄される悲劇のヒロインでもあった。つまり、別の角度から張禧嬪を扱った点が新鮮でもあった。
粛宗の統治時代を語る上で外すことのできない張禧嬪。誰よりも知名度と人気の高い人物だけに、彼女のキャスティングは、大きな注目を集めやすい。この時代を描いた作品を見るときは、張禧嬪の配役に注目するのも面白い。

記事提供:「歴史カン・ヒボン」http://kanhibon.com/

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

張禧嬪(チャン・ヒビン)を演じた女優たち

〔特集〕張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る