イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は本気で都を水原に移そうとした!

今の韓国の都はどこ?

1794年2月から建設工事が始まり、周囲6キロの城郭は2年6カ月で一応の完成をみている。
しかし、あまりに莫大な経費がかかりすぎた。
築造に動員された人数もケタ違いだった。
正祖の親思いが極まって始まった大きな事業であったが、国家財政を苦しくさせたのは確かだった。




それでも、正祖は水原の都市整備を着々と進めた。
彼は間違いなく、水原に遷都するという計画を持っていた。
しかし、正祖は1800年に48歳で急死してしまい、自らの壮大な夢を果たすことができなかった。
正祖があと数年長生きしていたら……。
都は水原に移っていただろう。
そうであったなら、今の韓国の首都はきっと水原になっていた。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
出典=『実録!朝鮮王朝物語/トンイからイ・サン編』

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の毒殺疑惑1

英祖(ヨンジョ)の正体!朝鮮王朝を52年間も守った王

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る