イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は本気で都を水原に移そうとした!

水原を大都会に!

正祖の父を追慕する気持ちに終わりはなかった。
むしろ、年ごとに強くなる一方だった。
その表れとして、正祖は顕隆園にひんぱんに出掛けるようになった。御陵への行幸は特に陵幸(ヌンヘン)と呼ばれているが、そこに動員される随行員や馬の規模は並ではなかった。




多いときには6000余の人と1400余の馬が王に従ったという。その行列は、街道の庶民たちに王の権威を示す役割を果たした。
正祖といえども、その権威に酔ったところがあったのかもしれない。
彼は顕隆園に何度も陵幸するうちに、水原を大都会にしようと心から考えるようになっていった。
その準備段階として建設を始めたのが、今も典型的な都市城郭として世界遺産にも指定されている華城(ファソン)である。(ページ3に続く)

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の毒殺疑惑1

英祖(ヨンジョ)の正体!朝鮮王朝を52年間も守った王

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?



ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る