〔特集〕張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

歴史書も絶世の美女だったと記した

ついに、仁顕王后も堪忍袋の緒が切れた。彼女は人を見る目の甘さを自覚せざるをえなかった。
「あの女はいけません。他の女性をお抱えください」
仁顕王后は粛宗にそう進言した。彼女は遅ればせながら、明聖王后の言葉の正しさをしみじみと実感する羽目となった。




結局、仁顕王后の主導によって新たな側室が選抜された。ここにも仁顕王后の人の良さが表れている。普通、正室であれば側室に嫉妬しても不思議はないのだが……。
わざわざ自分で側室を選ぶ正室というのも、珍しい存在に違いない。
それでも、粛宗は新しい側室にまったく興味を示さず、相変わらず張禧嬪のもとに通った。それほど粛宗は張禧嬪を寵愛したのだ。
朝鮮王朝の歴史を詳しく記した「朝鮮王朝実録」でも、張禧嬪が絶世の美女であったと書かれている。その美貌が粛宗を完全に射抜いたのである。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)
記事提供:「歴史カン・ヒボン」http://kanhibon.com/

康 熙奉(カン・ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化・社会や、日韓交流の歴史を描いた著作が多い。主な著書は『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

https://goo.gl/Ff3ssb

粛宗(スクチョン)は張禧嬪(チャン・ヒビン)を死罪にするとき何を語ったか

https://goo.gl/WMWHmE



ページ:
1 2 3

4

関連記事

ページ上部へ戻る