〔特集〕奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(中編)

奇一族の繁栄

順調にいけば、奇皇后が次の皇帝の母になる。この権力は絶大だ。
こうなると、元では高麗王朝の文化や風習が広がっていった。元の高官の多くが高麗風の衣装を着用するようになり、高麗人を妻に迎えることが流行した。
元に大きな影響力を行使する奇皇后。彼女の名声は高麗王朝の政治も大きく動かすようになった。




元は奇皇后の父である奇子敖を栄安王(ヨンアンワン)として追尊した。さらに、奇皇后の兄である二男の奇轍(キ・チョル)と三男の奇轅(キ・ウォン)は、高麗王朝でも王族として認められるようになった。
奇一族は高麗王朝で隆盛をきわめ、政治を牛耳るようになった。しかし、手段があまりに強引だった。
たとえば、他人の土地を強奪して、その住人を強制的に奴婢にするという悪政を行なったのである。
その蛮行はあまりに度が過ぎていた。
(後編に続く)

文=慎虎俊(シン・ホジュン)+「歴史カン・ヒボン」編集部
記事提供=「歴史カン・ヒボン」http://kanhibon.com/

〔特集〕奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(後編)

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

朝鮮王朝の初代王物語(前編)

韓国ドラマで女性脚本家が優秀な理由



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る