昭憲(ソホン)王后の嘆き!朝鮮王朝王妃側室物語3

8人の王子を産んだ王妃

謀反(むほん)の疑いをかけられた沈温は水原(スウォン)に流され、死罪にされてしまう。
そのことが原因で昭憲王后の実家は没落し、母親は奴婢(朝鮮王朝時代の最下層の身分)に格下げされてしまった。
父母が酷い目にあったことにショックを受けた昭憲王后だが、彼女自身も廃妃の危機に立たされていた。




父親である沈温の成功を妬んでいた者たちから「王妃にそぐわないので、宮殿から追い出せ」という声が上がっていた。
その決定をするのは上王の太宗である。彼は、昭憲王后を廃妃にしてもおかしくなかった。しかし、太宗は彼女を高く評価しており、8人の王子を産んだことを理由に廃妃にはしなかった。
その後、昭憲王后は夫の世宗と仲良く暮らしたが、彼女は、父と母が不幸に陥ったことをずっと嘆いていた。
昭憲王后は1446年に51歳で亡くなったが、彼女の父と母は後に復権して名誉を回復することができた。そのことが、せめてもの救いであった。

文=康 大地(こう だいち)

神徳王后(シンドクワンフ)の無念!朝鮮王朝王妃側室物語1

元敬王后(ウォンギョンワンフ)の悲しみ!朝鮮王朝王妃側室物語2

朝鮮王朝の国王はどんな存在だった?

朝鮮王朝の後期になぜ王の子供が減ったのか



ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る