イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の毒殺疑惑1

薬を調合する現場を視察

1800年6月になってから、48歳の正祖は体調を崩した。からだに腫れ物ができ、熱もあった。
とはいえ、まだ心配する状況ではなく、医官の診察を受けながら、薬剤師が調合する薬を飲んでいた。
王としては異例なことに、正祖は薬を調合する現場を実際に自ら視察している。彼自身が薬について詳しかったこともあるが、それ以上に自分の目で調合を確かめなければならない事情があったのだ。おそらく、毒殺されることを警戒する気持ちが働いていたものと思われる。




6月21日、正祖が自ら苦痛を明らかにし始めた。
「痛みがあって苦しい。熱があるのに寒気もする。意識も朦朧(もうろう)とするときがあって、夢を見ているのか目覚めているのか、まるでわからない」
この言葉から、かなり弱気になっていることがうかがえる。
診察した医官が言った。
「脈は一定しており、精気が不足しているということもありません。また、特別に腫れ物による熱も出ていませんが……」
この時点では医官たちも深刻な病状とは考えていなかった。(ページ4に続く)

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の毒殺疑惑2

朝鮮王朝実録を読む4/「正祖毒殺疑惑」

https://goo.gl/MHH8xZ

英祖(ヨンジョ)と正祖(チョンジョ)!激動の朝鮮王朝史8

https://goo.gl/xiEKaZ

英祖(ヨンジョ)は思悼世子(サドセジャ)を米びつに閉じ込めるとき何を語ったか

https://goo.gl/t8LDqF



ページ:
1 2

3

4

関連記事

ページ上部へ戻る