イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の毒殺疑惑1

毒殺される可能性

正祖が即位したのは1776年だが、それ以降にも暗殺団が王宮に忍び込んでくることがあった。
国家として尋常な姿ではなかった。政権内部がいかに混乱しているかを象徴するような事態とも言えた。
「なんとしても改革を実行しなければならない。そうでなければ、党争に明け暮れている間に王朝が崩壊してしまう」




危機感をもった正祖は、大胆な改革に乗り出した。彼がめざしたのは、党争とは無縁の新興勢力を育成することだった。
しかし、それは当時の主流派閥であった老論派(ノロンパ)を大いに警戒させる結果を生んだ。
それだけ、正祖が毒殺される可能性が高まったのである。(ページ3に続く)

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)の毒殺疑惑2

朝鮮王朝実録を読む4/「正祖毒殺疑惑」

https://goo.gl/MHH8xZ

英祖(ヨンジョ)と正祖(チョンジョ)!激動の朝鮮王朝史8

https://goo.gl/xiEKaZ

英祖(ヨンジョ)は思悼世子(サドセジャ)を米びつに閉じ込めるとき何を語ったか

https://goo.gl/t8LDqF



ページ:
1

2

3 4

関連記事

ページ上部へ戻る