朝鮮王朝の後期になぜ王の子供が減ったのか

側室が産んだ子供の数

17世紀以降になると、徐々に様子が変わってくる。
特に、儒教の礼論がきびしくなり、王も道徳的な倫理を守ることが求められるようになったのである。
そうした風潮の中で、王が抱える側室はどんどん減っていき、平均して3人ほどになった。当然ながら、王家に誕生する子供の数も減った。




その事実を数字が裏付ける。14代王・宣祖までの時代に王の側室は合計で125人の子供を産んでいるが、15代王以降は29人にすぎない。
これほど極端に減ると、「昔のように側室の数を増やせ」という声が起こりそうなものだが、実際はそういうことにならなかった。一度確立された倫理感は、そう簡単に崩せるものではないのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

朝鮮王朝の初代王物語(前編)

朝鮮王朝の国王はどんな存在だった?

韓国時代劇の流行はどう変わってきたか

徹底解説!なぜ韓国時代劇はこんなに面白いのか(前編)



ページ:
1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る