『テバク』!日本での放送のための歴史解説

 

チャン・グンソクが主演する話題の新作時代劇『テバク』。ヨ・ジング、イム・ジヨン、チェ・ミンス、チョン・グァンリョルという共演陣も多彩な顔ぶれで、キャストの充実ぶりは申し分ない。撮影前からチャン・グンソクは「テギルというキャラクターが気に入っている」と意欲満々だった。

ワクワクするような時代設定

チャン・グンソクが主人公のテギルを演じている(写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより)

チャン・グンソクが主人公のテギルを演じている(写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより)

ドラマ『テバク』で注目すべきは、朝鮮王朝で一番面白い時代を舞台にしていることである。
面白い時代とは?
それは、朝鮮王朝の19代王・粛宗(スクチョン)から21代王・英祖(ヨンジョ)に至る時代だ。




とにかく、粛宗は女性関係が派手だったこともあり、王家では正室と側室の間で様々な事件が起きている。その中では特に、「朝鮮王朝随一の悪女」と言われる張禧嬪(チャン・ヒビン)と、ドラマ『トンイ』の主人公になった淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏が有名である。
興味深いのは、チャン・グンソクが演じるテギルとヨ・ジングが扮する英祖が兄弟となっている点だ。英祖は母が淑嬪・崔氏で、生まれたのが1694年だが、その前年にわずか2カ月で早世した兄がいた。
その兄が実は早世したのではなく捨てられていたのだ、という設定になっているのが『テバク』のポイントだ。捨てられた王子がテギルというイカサマ師になって、やがて国王となった英祖と国家を賭けた大勝負を争うことになる……こういう展開だからドラマが面白くないわけがない。(ページ2に続く)

名優たちの競演!それも『テバク』の大きな見どころだ

韓国のドラマはなぜ時代劇がとても多いのか

徹底解説!なぜ韓国時代劇はこんなに面白いのか(前編)



ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る